C型肝炎

HCVは、行為のために、毎年約3,000人の患者形成、肝癌と600私たちの国の責任です。 テーマの記事 – 肝炎 4/1 肝炎、肝疾患 4/2 型肝炎A 4/3 B型肝炎 4/4 C型肝炎 C型肝炎ウイルスでは、疾患は世界中に広がりました。WHOのデータによると170万人が世界中でます。 続きを読む肝炎の兆し-から毎年ダイ ウイルス体液は、主に血液を介して感染します。精液と胸の感染症も行うことができますが、これは非常にまれです。B型肝炎はるかに少ない。 新生児を危険にさらすしないウイルスを運ぶ母は、病気などの周波数が観察されています。 広告 C型肝炎の症状 妊娠への影響は何ですか? よくあるご質問私の妻が病気になったように、我々はいくつかのテストを行なったし、結果は両方がC型肝炎やウイルスに感染していたことを示しています。なぜなら、インターフェロンの副作用のかなり多く、私たちはまだ、その後いくつかの点であること、子供を持っていない:質問はありますか?博士 モニカギャル、回答ボックスに皮膚科医医師の応答 急性(急性)肝炎:感染は急性肝炎のわずか約10〜20パーセントで行われます。ウイルスは、2-20週間のインキュベーション期間後に症状を引き起こします。機能が含まれます:嘔吐、嗜眠、頭痛や四肢の痛み、食欲の損失を。 急性とは対照的にBウイルス性肝炎、目や皮膚の黄変の白人、尿の黒ずみ、スツールは軽くまれな現象になります。HCV感染は、永久的な損傷を与えることなく、急性肝炎に関連した完全に治癒し、利害関係者は、ウイルスから無料になりますされています。 長期(慢性)肝炎:ゆっくりと、ほとんどの場合、(百分の70から80)、急性肝炎、なしの疾患は、しばしば数ヶ月による感染、および無症候性、または疲労、漠然とした腹痛の後に発症します。 時には、皮膚のかゆみ、関節痛、血管炎が発生することがあります。多くの場合、唯一の肝炎の臨床検査シングル異常値には、病気に注意を促しますが、多くの場合、彼らは偏差を示しません。治療の成功のために、病気の早期発見が重要である、しかし、貧困の症状は、患者と医師の双方に誤解を与えます。 より多くのC型肝炎感染の唾液試験も確認することができていました C型肝炎はどうですか? 国内情勢 ヨーロッパの文脈、ハンガリーは、注射薬物使用者の間でC型肝炎の低い有病率はあるが、画像の不均一な地域の内訳は、有病率は、ブダペストで最も高いです。 詳細 C型肝炎ハンガリー 人気の信念に反して、針を共有していないが、(残りの汚染された血液中の)共有注射器の使用は、このグループ内の重大なリスクです。依存症検出可能なHCV感染の50から90パーセント。 性感染症は比較的まれではなく、不可能です。エージェントは、小規模または目に見える粘膜病変を通って血流に入ります。誰がしばしば代替、非常に脆弱性的パートナー。 彼らは危険を構成し、共有し、軽傷デバイス(鍼と刺青ツール、マニキュアセット、カミソリ、歯ブラシ)を引き起こす簡単に十分に明確ではありませんでした。 感染近親(共有オブジェクト)。血液検査、肝機能の監視データの違いは、肝炎を推測することができます。疑念が生じた場合、それは確認することを検出することによって、ウイルスに対するHCV遺伝物質、タンパク質または抗体を産生しました。 ハンガリー肝炎疾患 1980年から2009年 C型肝炎感染の治療 ご存知でしたか? 病原体は唯一の1989年以来知られているので、いつどのように感染し、感染者の半数は、知られていません。私たちの間で任意の症状を持っているウイルスキャリアは生きることができるので、それらが感染しているかわかりません。しかし、時間をかけて彼らが病気になると、他の人に感染します。 急性C型肝炎ウイルス例大半で自然治癒するが、残念ながらそれだけですべての例第十についてです。 慢性炎症の場合には、それは十分に強調することはできません。キーは、人が感染している場合、可能な限り迅速に見つけることです!この時点では、近代的な治療法の選択肢のおかげで持続的なウイルス免疫のいずれかを達成することができる持っている今日、治療を開始することができます。以前の治療法は、プロセスに有効であることが判明した症例の現在90%で25〜70%の効率を比較し、残りの大部分は、ウイルス増殖を減少させることです。 治療の選択肢、薬の組み合わせは – すでに効率的な手順を持っています 最初のステップ:効果的な治療は、HCV感染の検出のために不可欠です。診断は、同じ一般的実験室試験しかし、標的ウイルス血清を迅速かつ容易にウイルスの存在を明らかにすることが持続することができません。 ウイルス最も一般的に使用される治療法の出現以来、インターフェロンとリバビリンの薬剤の組み合わせと呼ばれます。これらの薬剤は、外来治療の下で、注入を使用することは一般的に長期(24〜48週)の治療期間にわたって、感染生物体に投与されます。入院のみ合併症および副作用の場合に必要とされます。以前に持っていた人々の百分の40から45までの任意の前の治療を受けなかった、HCVに感染したものは、硬化性医薬品のインターフェロンリバビリン併用により2003年から従業員の5から21パーセントであった治療を失敗しました。長い時間のためには、効果的な手順と考えられてきたが、現在は少なくとも成功した治療であると言われています。残念ながら、治療が怖いされた側の外観を担当するインターフェロン治療の多くは、感染して不快なので、多くの人々は、という理由だけで、治療の可能性を背けました。これらは、発熱、倦怠感、精神障害や消化器系の問題が含まれます。 2011年にHCV治療の次の世代は、実績のある製品よりもはるかに効果的であり、およびプロテアーゼ阻害剤が含まれるがグループに属するその前の回に登場しました。彼らは大幅にC型肝炎感染は(失敗した59から66​​パーセントの範囲の後の最初の治療上の63から75パーセントの患者より処理された)成功の可能性を治す高めるために備えています。 今日、ハンガリーよりはるかに少ない副作用や感染症の90パーセント使用の治癒率のために、インターフェロンフリー助けるための薬でも使用可能です。新規組成物は、直接的な抗ウイルス剤の群を含む近年の出現しました。その利点は、治療の短い期間(12週間)との以前の治療に比べて、経口使用ための抗ウイルス製剤は、投与はまた、より簡単にできるようにということで、チャンスは、任意の物理的または心理的な副作用の出現のためのインターフェロン治療に比べてごくわずかです。もっと良いニュースは、感染した肝障害の場合には感染者の生活や見通しの質が大幅に増加されることにより、新しいプロセスに有効であることがことが証明されています。 HCVの肝不全の患者の土壌内に形成された場合にのみ住んで肝臓移植があなたを救うことができます。移植された肝臓は、通常、通常、非常に穏やかな再形成HCV感染の、しかしされます。でC型肝炎の責任肝臓部分のOSとしても。 もっと肝癌:疾患とその症状 フルに加えて、患者は、ダイエットする必要はありません。 感染予防オプション C型肝炎に対するワクチンはまだ疾患を予防するが、HIVにするため、開発されていません。献血や臓器移植の際に行わスクリーニング検査の最良の方法の一つ – これは第千九百九十二以来、私たちの国で行われています 非常に最近の感染のスクリーニングは、まだ感染の疑いがある場合、宣言が行われたときにドナーと臓器提供者が指定することが重要である理由を示すことができませんでした。 C型肝炎ウイルス(英語) 感染した個々のオブジェクトの共同使用を避け、喫煙をやめる必要がある薬は、無菌注射器を提供することであり、滅菌ツールタトゥー、ボディジュエリー、挿入、鍼治療のみを行うことができ、性行為の予防について学ぶための最善の方法は、一夫一婦制の関係であり、コンドームの使用。